葬儀の形態

社葬

会社の社長や会長、創業者が亡くなったり、会社に対して特別貢献した方が亡くなった場合に、会社が主催し行う葬儀を社葬と言います。 社葬は会社が運営の主体になり、会社の経費で執り行ます。故人の関係者だけではなく、各方面からの主要関係者が会する企業にとっては故人への哀悼・慰安という本来的な目的にとどまらない大きな意義のあるイベントです。

個人葬

一般的な葬儀の事を言います。故人の遺族が主催し 故人の配偶者や子供などが喪主を務めます。生前お付き合いのあった方々にお知らせし会葬していただきます。

家族葬

故人の家族や家族と同様の付き合いのある人のみで通夜・葬儀を行い一般の弔問は予めお断りします。 宗教的な拘束はありません。

「密葬」と異なるのは「密葬」は後日「本葬」を行うことを前提としているのに対し「家族葬」は「本葬」を行いません

直葬

通夜・告別式を行わず火葬をします。亡くなった病院などから直接火葬場へ行くので「直送」と呼ばれるようです。 死後24時間以内の火葬はできませんのでひと晩火葬場に預けることになります。

搬送、納棺、安置、火葬、収骨と最も簡素化しますと一般的な葬儀に比べて安価で済みます。

家族葬・直葬に対する結城屋の考え

「家族葬」につきましては送る側の一部の人が決めてしまうのは難しさがあります。 故人の社会的な繋がりや付き合いをないがしろにするわけにはいかないからです。

そこで結城屋では「家族葬」は生前にご本人が決めておくことをお勧めします。お飾りや仕様はもとより誰を呼ぶのか香典や供花は受けとるのか否かなど・・・ 文字通り「故人の遺志により」としておくことが肝要だと考えます。

「家族葬」に限らず生前自分自身の葬儀はどうして欲しいか家族で話しをすることは残される側の精神的負担をかなり少なくすることができるはずです。

結城屋では家族での話し合いでわからないこと、すっきりしないことがあればメールでもファックスでも電話でも丁寧に相談にのらせていただきます。

また「故人の遺志」を書き留めるために「エンディングノート」を差し上げておりますのでぜひご活用下さい。

「故人の遺志」がはっきり書き留めてあれば混乱は避けられると思います。

「家族葬」「直葬」が増えているのは事実ではありますが、後日「あまりにも簡単に終わらせてしまった」や「○○さんにも弔問にいらしてもらえばよかった」など後悔の言葉を聞くことがあります。 葬儀はやり直しができませんのでどうかよくお考えになって下さい。

最後に近年「家族葬」「直送」が多くなった背景のひとつに我々葬儀業界全体が反省しなければならないことがあります。 ここ10年ほどのことですが一部のノウハウの少ない新規参入業者が葬儀を獲得する手段として「火葬だけ」「家族だけ」「一日だけ」「宗教者のいらない」 などの宣伝文句を莫大な宣伝広告費をつぎ込んで提案してきた経緯があるのです。

現在テレビ、週刊誌などのメディアにも大きく取り上げられていますが予算を抑えることばかりに気をとられその弊害にはほとんど言及されていないのが気になるところです。

本当に「火葬だけ」でいいのか、「家族だけ」「一日だけ」でいいのか、お寺さんを呼ばないでいいのか・・・。

伝統的宗教儀礼のひとつである葬儀という儀式の本来の意義を考えているところです。

 

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-28 TEL 03-3341-1177 FAX 03-3341-1210